変動証拠金規制に備え60 社超が triResolve Margin の利用を開始

PUBLISHED BY:
TriOptima

DATE:
2017-02-16

ロンドン、ニューヨーク、 2017 年2 月16 日 店頭デリバティブ市場におけるコスト低 減とリスク削減を提供するNEX グループ、その一員であるTriOptima は、60 社を越す顧客が 2017 年3 月1 日に施行される変動証拠金規制に対応するために、triResolve Margin サービ スの利用を開始した事を発表しました。これらの顧客には、みずほ銀行、北欧のサンポグル ープ、トルコのガランティ銀行、ユーロフィーマ及びアイルランド銀行、またバイサイド及 び事業法人などが含まれています。

非清算取引に課される新証拠金規制は、マージンコールの増加をもたらし、その管理は煩雑 を極めます。既存の断片的かつ手作業によるマージンコールプロセスでは、日次決済など新 規制の要件を満たす事が不可能になります。昨年9 月に施行された当初証拠金規制は、段階 的に適用されますが、変動証拠金規制は全世界の店頭デリバティブ取引を行なう法人に一斉 に適用されます。それに備え多くの市場参加者は、準備を進めています。

2016 年6 月より開始したtriResolve Margin サービスを利用する事により、マージンコール プロセスとポートフォリオ照合は、手作業ではなく例外に着目したストレートスループロセ ッシングとなります。そのため利用者は、法令順守と時価の差異に注力する事が出来ます。 TriOptima は、更に多くの顧客が差し迫った規制施行日を背景に、導入が容易なtriResolve Margin を利用すると見ています。

「triResolve Margin 利用者の急増は、プロセスの統合と自動化が新規制に対応するために 不可欠であるとの市場認識を示しています。我々は、triResolve Margin のような一元管理 されたサービスの利点が認識され、3 月1 日以降も利用顧客数は引き続き増加すると考えて います。」とtriResolve のCEO、Raf Pritchard は述べています。

ウェブベース担保管理サービスのtriResolve Margin は、1800 社超の顧客に利用されている triResolve(ポートフォリオ照合サービス)と接続することにより、例外に着目したマージ ンコールプロセスの自動化を実現します。充実した差異分析機能及びAcadiaSoft Hub への接 続によりtriResolve Margin は、新規制に伴い増加するマージンコールとその管理の煩雑さ に対処すべく透明性の高いストレートスループロセッシングを提供します。